【節約】光熱費を格安に!灯油湯沸かし器とガスボンベでガス代を大幅カットする方法|NATS. | NATS LAB.

【節約】光熱費を格安に!灯油湯沸かし器とガスボンベでガス代を大幅カットする方法|NATS.

お金と社会の教養
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

4倍もお得?プロパンガスからガス代を減らす裏技を紹介します。

こんにちは、吉沢です。本日はプロパンガス契約をしている人が、ガス代を大幅に節約する方法についてご紹介していきます。

最近田舎に引越したヨシナナ。もちろん都市ガスは通っていないので、プロパンガスと契約するかその他の方法を使うかという選択を迫られました。

吉沢
吉沢

田舎は都市ガスが来ていないということを初めて知ったよね(笑)

詳しい人に相談してみたところ、プロパンガスはガス代がめっちゃ高いから他の方法を使ったほうがいいよ〜と教えていただきました。

料金を計算して比較すると、なんと4倍くらい安くなることが判明。迷わずその方法を採用しました。

吉沢
吉沢

4倍も違うとは・・・

本日はその裏技をご紹介していきたいと思います!

では行きましょう。

スポンサー

一人暮らし家庭のプロパンガス代金と使用シーン

初めに、プロパンガスを契約した場合の月々の平均料金について見ていきましょう。

一人暮らし家庭のプロパンガス代は「夏季で4600円/月」「冬季で8800円/月」と言われています。特に冬季のガス代はとても高く、お風呂に入るのを渋ってしまう程の金額です。

吉沢
吉沢

あくまで平均です。

一人暮らしの場合、プロパンガスを使用するのは以下のようなタイミングです↓

・お風呂
・キッチンコンロ
(・暖房)

最近は電気系の暖房が主流ですので、ガスの使用シーンはお風呂の湯沸かしとガスコンロだけと言えます。特にお風呂は毎日入るとガス代が跳ね上がるものです。

毎日湯船に入るなら、もっと価格が跳ね上がることになります。

吉沢
吉沢

とはいえ、健康のためにも毎日お風呂は入りたい・・・

毎日のお風呂を諦めずにガス代を節約したい!今回はそんな方法をご紹介していきます!

スポンサー

お風呂代の節約|灯油ボイラーでお湯を沸かそう

湯沸かし代金を大幅節約する方法は、ずばり「灯油ボイラー」を使うことです。灯油ボイラーで湯沸かしをすることで、驚くほどランニングコストが下がります。

灯油ボイラーで1ヶ月間お風呂(200L)とシャワーを毎日沸かした場合の金額はこちら↓

【計算条件】
・湯の温度:42℃
・水道の温度:18℃
・風呂のお湯量:200 L/日
・シャワー:5分使用で50 L/日
・灯油の値段:100円/L
・灯油のエネルギー量:8843 kcal/L
・プロパンガスの値段:700 円/㎥
・プロパンガスのエネルギー量:24000 kcal/㎥

【灯油コスト計算】
・湯沸かしに必要なエネルギー(kcal):(200+50) kg/日 ✕ (42-18) K = 6000 kcal/日
・1日に使う灯油量(L/日):6000 kcal/日 ÷ 8843 kcal/L = 0.68 L/日
・30日間の灯油金額 (円) :0.68 L/日 ✕ 30 日 ✕ 100 円/L = 2035 円

【プロパンガスの場合】
・30日間の料金 (円):42 ✕ 260 ÷ 24000 ✕ 700 ✕ 30 = 9555 円

吉沢
吉沢

2022年11月。プロパン700円/㎥で計算してます。

お風呂の湯を沸かすのに必要なエネルギー量を計算し、それを賄うための灯油・プロパンガスの料金を算出した結果になります。

見ての通り、ランニングコストが4倍も違うことが分かります。

吉沢
吉沢

灯油めっちゃ安いのね〜

灯油で湯沸かしをするためには「灯油ボイラー」が必要なのですが、給油のみのシンプルな製品であれば5万〜10万円ほどで購入することができます。

お風呂のガス代の差額 (≒7500円/月) を考えると、1年以内に回収できる費用だと言えます。

吉沢
吉沢

1年以上使うなら迷わず灯油ボイラーだ!!

灯油の調達が若干面倒なのだけが難点。ガソリンスタンドが近くにない場合は利用が難しいかもしれません!

灯油ボイラーの選び方は、他のサイトや私が今後書く記事ををご参考頂ければと思います!

スポンサー

キッチンのガス代節約|カセットコンロのコスパを検証

キッチンのガス代を節約する方法は、意外や意外「カセットコンロを使用すること」です。カセットコンロってガス缶が高いイメージがあるので意外に思う方がおられるかもしれません。

七瀬
七瀬

カセットコンロがやすいの?!

実際にプロパンガスとカセットコンロ (ガス缶) を比較してみましょう↓

【計算条件】
・ガス缶1本のエネルギー量:2988 Kcal/本
・プロパンガスの値段:700 円/㎥
・プロパンガスのエネルギー量:24000 Kcal/㎥

【プロパンガス1㎥相当のカセットボンベ数】
・プロパンガス1㎥相当のガス缶の本数:24000 ÷ 2988 = 8本

上記の計算で、プロパンガス1㎥ (700円) と同じエネルギーを取り出すために必要なガス缶の本数 (= 8本) を算出しています。すなわち、8本のガス缶を700円以下で入手できるならカセットコンロの方がお得ということになります。

吉沢
吉沢

1本88円以下ならカセットコンロがお得!

ガス缶は2022年11月現在、3本250円(≒1本84円)で購入できますので、若干だけコスパが良いです。ちなみにキッチンで使用する場合、カセットボンベは月に9本(≒750円)くらい使います。

カセットボンベを捨てるのが少し手間ですが、穴を開けずに捨てれる地域なのであまり負担にはなりません。

吉沢
吉沢

ということで、プロパンガスを契約せず、灯油とカセットコンロで過ごしてます

興味がある人のためにカセットコンロ1本のエネルギー量計算を乗せておきます↓

【カセットコンロのエネルギー量】
ブタンの分子量:58.12
1モル当たりの体積:22.4 L
ブタンのエネルギー量(Kcal/㎥):31,000 Kcal/㎥
カセットコンロ1本のブタン量(g):250 g
カセットコンロ1本のブタン量(㎥):250 ÷ 58.12 ✕ 22.4 = 0.0964 ㎥
カセットコンロ1本のエネルギー量 (Kcal/本):0.0964 ✕ 31000 = 2988 Kcal/本

スポンサー

まとめ

以上、お風呂を灯油ボイラー&キッチンをカセットコンロにして、ガスを契約しなければ節約できるというお話をしました。

上記の方法では、毎日お風呂に湯をためたとしても月々のガス代が「2800円程度」で済みます。

吉沢
吉沢

やすいね〜!

特にお風呂周りのコストが大きく変動しますので、4人家族で4回お湯を溜める場合などは目が飛び出るほど金額が変化します。

その辺のことも踏まえ、賢くライフラインを選んでいけるといいですよね。

ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました