朝食を食べたほうがいい理由とオススメのメニュー | NATS LAB.

朝食は食べたほうがいい?メリットとオススメのメニュー危険なメニュー|NATS.

生活習慣
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

やっぱり朝食は食べたほうがいい?

「朝はしっかりたべなさい」とよく言われますが、時間や食欲がなくて朝食を食べない人も多いですよね。

そんな人も、やっぱり朝食を食べたほうがいいかもしれません。

スポンサー

朝食を食べるメリット

私たちは食べ物を消化する際に、熱を発して血液を温めます。その結果、血流がよくなり頭が働くという、「特異動的作用」ということが起こります。

朝食を食べることで、この作用が働いて頭が働き始めるのです。

七瀬も朝食を食べないと「体が目覚めない。。」という感覚が前からあったのですが、このメカニズムが働いていたのかもしれません。

消化すればなんでも大丈夫なので、食欲がない人は以前紹介した「バターコーヒー」がうってつけです!↓↓

スポンサー

朝食メニューには注意!

逆に、七瀬のような朝型人間で朝に比較的食欲がある人は、朝にパンやご飯などの炭水化物を食べがちかと思います。

しかし、朝は胃が空っぽの状態なので、血糖値が上昇しやすい状態にあります。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 』の著者はそもそも、朝に糖質を摂取することをおすすめしていませんが、もし食べるなら、、、

ご飯であれば、納豆やオクラなどのねばねばと一緒に食べると糖を包んでくれるので、血糖値の急上昇を抑えられます。

パンについては、こちらで血糖値の上昇を抑えながら食べる方法をご紹介していますので、参考にしてみてください!

また、朝食の定番アイテムのベーコンやソーセージなどの加工肉は添加物の危険が高いので、時間を問わず避けるようにしてください。

朝食バイキングによくある、カリカリベーコンは添加物とAGEのダブルコンボなので、厳重注意です!

一緒に健康的な朝活始めましょう!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました