自然な香りの洗剤を作ろう!おすすめの無香料洗剤と精油で好みの香りを付ける方法|NATS. | NATS LAB.

自然な香りの洗剤を作ろう!おすすめの無香料洗剤と精油で好みの香りを付ける方法|NATS.

化学者のDIY
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

エッセンシャルオイルで洗濯を?洗濯物に自然な香りを付ける方法とオススメの精油をご紹介

こんにちは、吉沢です。本日は、精油で洗濯物に自然の香りを付ける方法をご紹介していきます。

洗濯物の香り付けと言えば、柔軟剤がよく使われますが、柔軟剤には多くの問題があります。その1つが「香害」と呼ばれるものです。

七瀬
七瀬

香害・・・?

端的に言うと、合成香料の人工的な香りで体調を悪化させてしまうことです。合成香料を使った「洗剤」「柔軟剤」「香水」で被害を受ける方が増えてきています。

吉沢
吉沢

強すぎる香水の香りで、頭が痛くなることありますよね。あんな感じです。

きつくない香水の選び方で紹介したように、気持ち悪くなる・ならないは香料の種類によって違います。ということで、上記のような香害を避けつつ、洗濯物にいい香りを付ける方法をご紹介していきたいと思います。

ではいきましょう❢

スポンサー

洗剤に精油を混ぜるだけ!自然な香りを付ける方法

洗濯物に自然な香りを付ける方法は・・・洗剤に精油を混ぜるだけです!混ぜる割合は以下の通り。

たったこれだけ?!
洗剤と精油の割合

・洗剤:25 ml
・精油:5滴 (0.25 ml)

ということで、精油の濃度が1%になるように洗剤に精油を混ぜるだけなんですよね。洗濯物や洗剤の使用量に応じて精油の量を調整してみてください!

吉沢
吉沢

拍子抜けするほど簡単・・・(笑)。1Lの洗剤に10mlの精油を混ぜておいて、そのまま使えるようにすると楽です。

なお、フレグランスオイルとエッセンシャルオイル(精油)を間違えないようにご注意下さい。フレグランスオイルとエッセンシャルオイルの違いはこちらに記載しています。

ということで、おすすめの洗剤の選び方に進みます。

スポンサー

洗剤の選び方

洗剤はシンプルかつ無香料のものを選ぶのが鉄則。以下のような洗浄成分の洗剤を選びましょう↓

いろいろあるんだね
洗剤の選び方

・香料が入っていないこと
・洗浄成分が石鹸系か高級アルコール系のもの
・その他、カチオン系や硫酸系の界面活性剤が入っていないこと

香料が入っていないことは当然として、「洗浄成分」に気をつける必要があります。洗浄成分としは石鹸系の「〇〇酢酸ナトリウム」「〇〇酢酸カリウム」か、高級アルコール系の「ポリオキシエチレン〇〇エーテル」というものが良いです。

吉沢
吉沢

折角香害に気をつけるんだから、洗浄成分にも気をつけないとね。

絶対避けたほうがいいのはカチオン系や硫酸系の界面活性剤。特にカチオン系の界面活性剤は刺激が高く、肌に付着するとタンパク質構造を壊し皮膚炎の原因になります。

吉沢
吉沢

柔軟剤成分やリンスなどに配合されているよ。ふんわり仕上がる洗剤なんてもってのほか!!十分に気をつけようね。

さて、具体的にオススメできる商品を紹介しておきます↓

非イオン系か石鹸系だね
オススメ洗剤・具体例

・アタック3X:
→非イオン系の洗浄剤、無香料

・お肌のための洗濯用液体石鹸(ミヨシ):
→純粋な液体石鹸。一番オススメの品。

・シャボン玉無添加石鹸:
→こちらも純粋な液体石鹸。コスパ的に2番手。

アタック3X比較的余計なものが少ない高級アルコール系の洗剤で使いやすいです。

他2つは純粋な液体石鹸です。ミヨシの液体石鹸に精油を混ぜるのが個人的に一番オススメ◎

スポンサー

おすすめの精油と精油メーカー

精油には様々な効果があり、洗濯と相性の良い精油がいくつかあるのでご紹介させていただきます!

オススメの精油はズバリこちら↓

我が家はティーツリー
化学者おすすめの精油たち

・ユーカリ:抗菌・抗カビ作用
・ティーツリー:抗菌作用
・ヒノキ:抗菌作用
・ラベンダー:抗菌、いい香り
・ゼラニウム:ふんわり香らせたい時に

個人的におすすめなのはティーツリー。抗菌、抗カビ作用に加え、シンプルに森林のいい香りがつきます。お風呂上がりのような感じにしたい場合はゼラニウムがいいでしょう。

また、精油はメーカーによって品質がかなり違います。メーカーの選び方が分からない人は以下のメーカーから選ぶことをおすすめします◎

我が家はティーツリー
おすすめの精油メーカー

・&SH
・ease
・Lapature
・生活の木
・プラナロム

上3つはネット販売中心の精油メーカーさんで、コスパと品質が両立されています。生活の木は街なかで買うのに便利な小売店、プラナロムはとにかく品質にこだわった精油を取り扱っています。

お財布と相談した上で、適切なメーカーさんから購入するといいでしょう。

スポンサー

まとめ

香害に始まり、洗濯物にいい香りを付ける方法、良い洗剤の選びかた、おすすめの精油をご紹介しました。香害や化学物質は、アトピーやアレルギーの原因になったりもするので、ぜひ気をつけていただきたいと思います。

みなさんの良い洗濯生活を応援しています。ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました