【Aesop】イソップのおすすめ商品!フェイシャルオイルの成分が超優秀?! | NATS LAB.

【Aesop】イソップのおすすめ商品!フェイシャルオイルの成分が超優秀?!

分析・成分データ
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

イソップの隠れたおすすめ商品!

ハーバルな香りが特徴的で男女問わず人気なイソップ。
イソップと言えば、プレゼントにも定番のハンドクリームやハンドソープが人気ですよね。

ネットを見てみると、香水やルームスプレーなど自然由来の香りを楽しむものが人気な様子。

そんな中、現役化学研究員の目に留まったのがこの商品!

イソップ ファビュラス フェイス オイル 25ml ¥6,600(税込)

成分がとても良好だったんです。

スポンサー

「イソップ」のブランドコンセプトとこだわり

イソップは、オーストラリアのメルボルン発祥のスキンケアブランドです。

フェイスオイル成分分析の前に、イソップがかかげるコンセプトや商品へのこだわりを確認してみたいと思います。

なんとなくオーガニックのイメージがあるイソップですが、ホームページの企業情報には以下のように記載されています。

イソップは創業して以来、優れたスキンケア、ヘアケア、ボディケア製品の創造を追求し続けてきました。私たちの製品は、研究を重ねた植物由来成分と非植物由来成分を使用しており、すべての成分は私たちがこだわりを持って選び抜いたものです。それぞれユニークなストアではトレーニングを受けたイソップのコンサルタントが、お客様個々のニーズに最も適した商品を見極め、的確にご紹介させていただきます。

公式HPより https://www.aesop.com/jp/r/about/

イソップ製品はエヌドットやプロダクトワックスのように100%天然由来成分ではない様子。

七瀬
七瀬

とにかく研究熱心ということは伝わるよ

また、環境保護の取り組みとしてすべて全てのイソップ製品はビーガン(動物由来成分不使用)であるとしています。

イソップは、最高の品質と効能を持つ製品を作ると同時に、私たちを大きく包み込んでくれている地球に与える環境負荷を低減する取り組みを行っています。イソップ製品に使用されている全ての成分において動物実験は行っていません。また、ミツロウやハチミツ、ラノリン(羊毛脂)などの動物由来成分も使用していません。

公式HPより https://www.aesop.com/jp/r/sustainability/

容器に関しても、プラスチックの使用量を削減するなど環境への配慮も厚いようです。

上記の企業情報と理念から、イソップ製品で使われている成分は、

  • 植物由来と非植物由来成分がどちらも使用されている
  • 動物由来成分は使用されていない
  • 使用している植物由来成分がオーガニック成分かどうかは不明
七瀬
七瀬

あれ、、てっきり100%オーガニック天然由来かと思ってた

全体的な印象として、体への刺激や健康への考慮というより、環境問題に配慮しながら商品の品質を追求しているという感じがします。

これを踏まえて、今回おすすめしたいイソップ製品「イソップ フェブラス フェイシャル オイル」の成分を一緒に見ていきましょう!!

スポンサー

イソップフェイスオイルの成分

まずは、全成分を見てみます。

全成分

マカデミアナッツ油・アーモンド油・ツバキ油・月見草油・イランイラン花油・コムギ胚芽油・セイヨウネズ果実油・ヘーゼルナッツ油トコフェロール・ジャスミン油・香料

ナッツ系のオイルが主体の、ナチュラルな成分で構成されています。

また、本成分は以下のように分類することができます。

  1. ベースオイル
  2. エッセンシャルオイル
  3. その他(トコフェロール・香料)

それぞれ順に確認していきましょう!

ベースオイル

ベースオイル

マカデミアナッツ油・アーモンド油・ツバキ油・月見草油・コムギ胚芽油・ヘーゼルナッツ油

ベースオイルは上記の6種類!
成分表示の順番から、コムギ胚芽とヘーゼルナッツの使用量は1%以下だと推定されます。

エヌドットポリッシュオイルの成分分析と同様、

上記の油の脂肪酸組成を確認して品質を見極めましょう!

▼エヌドットポリッシュオイル 脂肪酸組成一覧表

① マカデミアナッツ油

オレイン酸・パルミトレイン酸が主体のオイル。

酸化安定性が高く、肌馴染みがよく、保湿力もある上に、ベタつきも少ない極めて優秀なオイルです。

極めて優秀なマカダミアオイルが主体となっていますね。
※マカダミアオイルは高価なので、マカダミア主体の製品は少数しかありません。

② アーモンド油

オレイン酸が主体で、リノール酸もそこそこ入っています。

肌馴染みは良いですが、酸化安定性がやや不安なオイルです。

③ ツバキ油

成分のほとんどがオレイン酸です。

少しベタつきがありますが、酸化安定性が高く、保湿力もある良いオイルです。

④ 月見草油

リノール酸が主体です。
酸化安定性が低く、肌には使いたくないオイルと考えます。

ファビュラスオイルの唯一のマイナスポイントが、月見草油の配合と考えています。

※γ-リノレン酸を含有しており、アトピー性皮膚炎の症状改善には一定の効果が報告されています。ただし、健常者への効果は認められていません。(参考:田中 稔久(2002)「γ-リノレン酸を化粧品に配合した時の効果」Fragrance Journal(30)(8),86-88.)

⑤ コムギ胚芽油

含有量が微量なので割愛します。

⑥ ヘーゼルナッツ油

含有量が微量なので割愛します。

エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイル

イランイラン花油・セイヨウネズ果実油()・ジャスミン油

※セイヨウネズ果実油(成分名称)→ジュニパーベリー(精油名)

こちらのオイルで使われている精油は上記の3種類。

香りとしてはオリエンタルなフローラル系という感じで、好みが分かれそうな香りではあります。

精油には香りだけでなく多くの有効成分を含んでいるのですが、こちらのオイルには美肌効果の高い「ジュニパーベリー(成分名称は セイヨウネズ果実油 )」の精油が使われています。

ジュニパーベリーの「美肌効果
抗炎症、抗菌作用、収斂作用(肌のひきしめ)
→肌荒れやニキビ肌へ効果が期待!

精油で効果と香りづけを行っていて、非常にいいと思います。

その他 (トコフェロール、香料)

その他

トコフェロール、香料

トコフェロールは『製品の酸化抑制』、香料は『香りの補強』に使われています。

イソップでは「植物由来成分と非植物由来成分を使用している」ので、
こちらの2つが天然の植物由来成分かはわかりません

トコフェロールは天然由来成分でなくても、肌への刺激やダメージは特に問題がないので安心です。

香料については、合成品だと人工的でキツイにおいがします。

この製品は合成香料のにおいを感じなかったので、合成香料が使われていないか、使われていてもごくわずかだと思います。

スポンサー

イソップフェイスオイルの成分評価

イソップ フェブラス フェイシャル オイル
成分評価:★★★★★  超優秀!

超優秀なマカダミアや椿を主体に、精油で香り付け & 美肌効果を付与している製品です。

月見草油の配合がマイナスポイントですが、市販品の中では最高の組成をしていると思います。

吉沢
吉沢

市販品ならフェブラスオイル一択!

みなさんもぜひフェブラスオイル、使ってみて下さい!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました