逆手の足し算で脳トレ!今からできる脳トレ法 | NATS LAB.

【脳活】脳のバランスを整え活力に満ちた生活を送るための毎日できる脳トレ法!|NATS.

生活習慣
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

毎日できる脳トレが知りたい

脳の老化を防いだり、脳を活性化させて普段のパフォーマンスを上げる「脳トレ」

脳トレに関するテレビ番組や書籍もたくさん出ていますが、一度解いたら終わりなクイズ形式のものが多いように感じます。

そんな中、今回は簡単で繰り返しできる脳トレ法をご紹介したいと思います。

(参考:川島 隆太,『ホットケーキで「脳力」が上がる』,小学館,2015年

スポンサー

単純作業でも脳に効く!

脳トレといえば、なんかちょっとひねりのある頭を使うようなクイズを解くイメージがありますよね。

脳科学の世界でも、新しいことではない単純作業では、脳は活性化しないと思われてきました。

しかし、 実は単純な一桁の計算でも、脳のあらゆる部分が活性化することが分かったんです!

単純な作業でも脳が活性化するというのは新しい知見みたいなんでよね〜。

そこで、

スポンサー

計算をして脳を活性化させよう! (計算シート付)

と、いうことで、、、

こんなランダムな一桁計算の表を作ってみましたのでコチラをぜひ脳トレにご活用ください!

スポンサー

逆の手を使ってさらなる脳活へ!

そして、さらなる脳の活性効果を生みたい方におすすめなのが、この計算を利き手と反対の手で行うというもの。

体の右半身は左脳、左半身は右脳がつかさどっているので、利き手と反対の手で行うことで、普段使わない側の脳が刺激されます。

やってみるとわかるのですが、利き手と反対の手を使うのって結構神経が疲れる。。。

この疲れる感覚こそが、脳を使っている証拠です。

ちなみに、吉沢さんは頑張って両利きになっています。

吉沢さんが両利きになるまでの軌跡はコチラ↓↓

また、上記の記事でもお伝えしたように、脳での消費カロリーは全体の20%を占めていますので、左右の脳を刺激しながら脳を活性化させるということは、それだけでも結構なカロリー消費に。

脳トレがダイエットにもつながるなんて、、、。七瀬(左利き)も運動の代わりに右利き生活始めようかな。

みなさんもぜひ、朝の5分間をこの逆手計算で脳トレ&ダイエットにご活用ください!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました