就寝前の「はちみつ」で毎日ぐっすり快調生活!(※糖質制限中の方向け) | NATS LAB.

就寝前の「はちみつ」で毎日ぐっすり快調生活!(※糖質制限中の方向け)

優良食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

スポンサー

はちみつで睡眠の質が上がる?!

こんにちは、七瀬です。

昔からはちみつが「体によさそう!」というイメージはあったのですが、、
はちみつと睡眠は結びついていませんでした。

そんな、知られざるはちみつの効果を一緒に見ていきましょう!

スポンサー

睡眠中の栄養補給

最初に断りを入れさせていただくと、これは糖質制限中の方が対象のお話になります!

睡眠中、体はお休みモードですが、実は、脳の方はフル稼働で動いているんです。

よく、睡眠中に記憶が定着するといいますが、睡眠中に脳がきちんと動いているからなのです。

睡眠中、脳はアミロイドβというゴミ掃除もしているんですよね。

睡眠中、脳の栄養となるのが「グリコーゲン」なのですが、糖質制限中はこれが不足しやすくなります。

糖質制限で睡眠の質が下がると言われる所以はここにあります。

なので、快眠するには寝る前に糖質を摂取し、グリコーゲンを蓄えておく必要があるのです。

それにはちみつがうってつけなのです!

スポンサー

どうしてはちみつなの?

ずばり、「吸収がよく、グリコーゲンの生成効率がよいから」です

パンやご飯など、血糖値が上がりやすい糖質を食べてしまうと、インスリンによって体脂肪へと変換されてしまいます。

一方、はちみつは血糖値の上昇が緩やかで、筋肉グリコーゲンや肝臓グリコーゲンへの変換が起こりやすいのです。

そのため、寝る前にはちみつを食べてグリコーゲンを蓄え、睡眠中にそのグリコーゲンで脳のエネルギーを補うことができるのです。

ちなみに摂取量は大さじ1です。取りすぎないようにご注意を!

スポンサー

安いはちみつには気をつけて!

はちみつには「非加熱(生)はちみつ」と「加熱はちみつ」があります。

はちみつを加熱すると、はちみつの持っている酵素や栄養が死んでしまいます。

また、非加熱はちみつのグリコーゲン生成能力は加熱したものより 22% 高いのだとか (シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 』 より)

国産のはちみつは99%「非加熱」で作られている様ですが

スーパーにある1㎏600円程度のはちみつは大体中国産で、ほぼ確実に加熱はちみつです。

また、原料に砂糖等が加えられている「加糖はちみつ」もあるので、気をつけてください!

吉沢
吉沢

加糖はちみつはほぼ砂糖だね


中国産の安価なはちみつは純粋はちみつと書かれていても加工されている場合があります。。

非加熱はちみつは500gで2,000~3,000円程するので、安いはちみつは加熱を疑った方がいいかもしれません。(やっぱり、安い物にはワケがある。)

七瀬
七瀬

こういう良いはちみつだったら、ちょっとしたプレゼントとかお礼の品にもぴったりだよね

健康商品はなかなかお手頃価格とはいきませんが、自分用にも夜のサプリメントとして、ぜひ非加熱はちみつをお試しください!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました