コーヒーフレッシュが危険すぎる!怖すぎる白い液体の正体 | NATS LAB.

コーヒーフレッシュが危険すぎる!怖すぎる白い液体の正体

危険食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

のせられてはいけない、「ミルクはお付けしますか?」

レストランや、ファーストフード店などで、コーヒーや紅茶を注文すると聞かれる、

ミルクはお付けしますか?

ここで「はい。」というと当然のように出てくるのが、プラスチック容器に入ったコーヒーフレッシュ。

ミルクティーを頼むと、アイスティーとこのコーヒーフレッシュが出てくるところも結構ありますよね。

「コーヒーはミルクなしでは飲めない!」という方や、「手軽にミルクティーが飲みたい!」という方には必須アイテムとなっているコーヒーミルクですが、これがかなりやばいものなんです。

スポンサー

「ミルク」ではなく「油」

「ミルク」とは言いつつも、薄々これが牛乳ではないことは気づいていますよね(笑)

七瀬
七瀬

まあ、牛乳じゃないけど、なんか生クリーム的な感じかな?

と七瀬は思っていたのですが、原材料を見てみると、、

植物油脂(国内製造)、砂糖、脱脂粉乳/カゼインNa、乳化剤(大豆由来)、pH調整剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

一番目に「植物油脂」の文字が。

実は、コーヒーミルクは、植物油脂という油に砂糖と添加物を加えて味をととのえ、乳化剤でミルクのように白濁させているミルクもどきなんですね。

植物油脂については別の記事で詳しく解説しますが、

『低質な油の一種で、安価に滑らかな食感を作れるため、ほとんどのお菓子や加工食品に使われている』ということを覚えておいて下さい。

スポンサー

コーヒーフレッシュは毒のカプセル?!

この原材料を見ただけで、「うわっ!」となった方は健康生活が板についてますね(笑)

逆に、原材料をみても、

なんだ、ミルク風味の調味料か!

と思った方は危険です。

原材料は含有量の多い順に記載されているので、コーヒーミルクは、ほとんど植物油脂と砂糖でできていると思っていいでしょう。

底質な油である植物油脂を大量に使う上に、体内の「糖化」を進めて老化や生活習慣病を進行させる砂糖が入っています。

さらに、香料などの食品添加物は、がんの発症リスクを高めることがわかっています。

そうなんです。コーヒーフレッシュは、、、

お菓子や加工食品に含まれる悪い物を抽出して詰め合わせた毒のカプセルのようなものなんです。。

ポリフェノールを豊富に含んだコーヒーや紅茶を飲んで「アンチエイジング!」と思っても、コーヒーフレッシュを入れるだけで±0どころか、むしろマイナスに、、、。

ブラックコーヒーが苦手だけど、コーヒーのポリフェノール効果が欲しい!という方は、無調整豆乳を入れて飲んでみてくださいね!

無調整豆乳なら糖質も抑えられて、大豆のタンパク質も摂れるのでオススメです!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました