頭が良くなる食べ物って結局何?? | NATS LAB.

頭が良くなる食べ物って結局何??

優良食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

頭に効く食べ物は魚だけじゃない。

「頭がよくなる」といえば、青魚に代表されるDHAやEPAが有名ですが、実は頭に効く食べ物はそれだけじゃないんです。

スポンサー

○○が脳のエネルギー源になる

脳のエネルギーといえば、「ぶどう糖」が有名ですが、実はそれよりも効率的に脳のエネルギー源として働き脳の活性化を促す、「ケトン体」という物質があります。

ケトン体とは、β-ヒドロキシ酪酸、アセト酢酸、アセトンなどの酸性物質の総称です。

ココナッツオイルやMCTオイル摂取すると、体内で速やかに「ケトン体」が合成され、ケトン体が優先的に使用される「ケトン体質」になります。

吉沢
吉沢

『アセトン』は化学研究者なら親しみ深いよね。

MCTオイルを使った「バターコーヒー」には、更なる美容・健康効果があるので併せてチェックしてみてくださいね。

スポンサー

納豆が脳に効く?

健康食品の定番「納豆」ですが、実は脳に効く効果も持ち合わせています。

大豆には、レシチンというアセチルコリン (神経伝達物質) の材料が含まれており、これが脳に良いとされています。

また、納豆には「セリンリン脂質」という脂が含まれており、メカニズムは未解明ですが、記憶力が良くなる効果があるとされているんです。
(参考:三石 巌,『誰でもできる 頭のよくなる習慣 (単行本)』,祥伝社,2019年)

加えて血糖値も上がりにくく、整腸作用も持ち合わせている納豆はやはり最強の健康食品かもしれませんね。

七瀬
七瀬

日本に生まれてヨカッター

他にも抹茶コーヒーなど、脳に効く食べ物は沢山あります。

受験期の学生さんや資格試験前のビジネスマンのみなさん、ぜひ意識して取り入れてみてください!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました