カット野菜は危険?安全? | NATS LAB.

カット野菜は危険?安全?

危険食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

便利な一人暮らしの味方

コンビニや、スーパーなどで気軽に手に入る、「カット野菜」。

1人分に小分けされていて、日持ちするので一人暮らしや、お弁当などにとっても便利ですよね。

七瀬も以前、よくカップ麵のお供などにカット野菜を食べていました。

気軽に野菜が取り入れられるので、健康志向の人もカット野菜を活用している方が多いのではないでしょうか?

しかし、、ただの「野菜」ではなかったのです。

スポンサー

カット野菜は「加工食品」

皆さん、「カット野菜」ってただ生野菜をカットしただけだと思っていませんか、、、?

実は、「カット野菜」は加工食品に分類され、生鮮食品である「生野菜」とは別物なんです!

加工食品は、以下のように定義されています。

食品の品質保存・有効利用・安定供給を目的として、いろいろな手段や方法を用いて食品を加工・処理したものが加工食品です。

e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp › information › food

そうなんです。カット野菜には、品質保持のための何らかの手が加えられているということなんです。

確かに、カット野菜のパッケージをよく見てみると、

加工年月日」というのが記されていますよね!

スポンサー

消毒される野菜たち

品質保持のために、カット野菜に行われている代表的な加工が、次亜塩素酸ナトリウムによる「消毒」です。

これにより、雑菌や微生物を取り除き、野菜をシャキッとした食感に保っているのです。

次亜塩素酸ナトリウムの安全性について、ネット上では

「厚生労働省で、食品添加物として認められているので安全。」「マウスやラットを使った実験では発がん性は認められなかった※実験内容)」、「使用濃度は0.005~0.02%なので問題はない。」

⇒なのでカット野菜は安全である! 

としている記事ばかりでした。本当にそうでしょうか、、?

スポンサー

国や食品メーカーは本当に信用できる?

まず、「食品添加物に認められているから。食品メーカーが使用しているから安全。」という考えが非常に危険です。

例えば、マーガリンは海外やWHO(世界保健機関)で規制が叫ばれているにもかかわらず、
公益社団法人 日本栄養士会では、根拠のない反論により、規制を受けていません。
そのため、食品メーカーが使用を続けています。

同様に、厚生労働省・消費者庁 (特定保健用食品を認定している) においても、
食品メーカーからの圧力や、利権・尊厳を守るために、口実を作っていることが多々あります。
(悲しいですが。。泣)

なので、「食品添加物として認められている⇨安全」というロジックは成り立ちません。

動物実験で発がん性が無いなら人間も大丈夫?

はじめに結論を言います。
「動物実験で発がん性がなかった⇨安全」という主張は成り立ちません。

動物の発がん実験でわかることは、所定の期間に/所定濃度の/所定添加物のみを摂取した場合、発がん性がなかったということに過ぎません。

  • 次亜塩素酸ナトリウムのみではなく、亜硝酸ナトリウム・亜硫酸塩などの添加物も含まれていた場合、所定濃度以下で発がん性はないの??
  • さらに長期間の実験で発がん性はないの?
  • 発がん性はなくとも代謝異常等、他の影響が起きないの?

といった解答にはなっておらず、「動物実験で発がん性がなかった⇨安全」というロジックは成り立ちません。

次亜塩素酸ナトリウムを酸化剤として使用することのある、化学研究者の立場で言わせてもらうと

次亜塩素酸ナトリウムは極少量でも取るべきではないです。
(薬品の取り扱いに関する、SDS(安全データシート)を置いておきますので、お読みください)

背景情報を考慮しない科学風発言にはご注意ください。

実験結果をどう見たらいいかなんて普通わからないですし、国の機関や大手メーカーが良い商品だとプロモーションしてしまえば「食べてもいいんだ!」と思ってしまいます。

情報を鵜吞みにせず、一緒に消費者としての知見を鍛えながら、自分の身を守っていきましょう!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました