サケを食べてアンチエイジング!特許から見る老化防止法! | NATS LAB.

サケを食べてアンチエイジング!特許から見る老化防止法!

優良食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

アンチエイジング食材の新ジャンル

さてさて、アンチエイジング効果のある食材として、ビタミンEやポリフェノールを含む食材が有名かと思います。

しかし、「鮭」には全く別の成分によって大きなアンチエイジング効果が期待できること、知っていましたか??

新ジャンルのアンチエイジング食材、鮭ブーム到来の予感!

スポンサー

βカロテンの40倍?!アスタキサンチンのチカラ

鮭に含まれるアンチエイジング成分は、ポリフェノールでもビタミンEでもなく・・・
「アスタキサンチン」という成分です。

アスタキサンチンの効果を用いた製薬の特許があるのですが、そこで行われた実験で以下の結果が出ています (参考特許:特開2012-072132)。

線虫100匹のエサにアスタキサンチンを添加した結果
  • アスタキサンチンが多いほど線虫の寿命増加(基本30日⇒36日に増加)
  • SOD(活性酸素を除去する酵素)の活性が向上

寿命が 30日→36日で 1.2 倍になっていますね。人間で換算すれば 80歳→96歳ですね。
(そこまで効果はないと思いますケド・・・)

アスタチサンチンの抗酸化力は、なんとβーカロテンの40倍(ビタミンEの4万倍!)もあり(参考特許:特開平2-49091号公報) 、さらに抗酸化酵素も活性化させることで、老化防止に非常に効果的なのです!

スポンサー

こんな食材にも!

アスタキサンチンはキサントフィル系の天然色素の一種で、海老やカニにも多く含まれています!

鮭は白身魚ですが、このアスタキサンチンによって身がピンクになっているのです。

ちなみに、同じ赤身でも、マグロやカツオの赤色はアスタキサンチンではなく、色素タンパク質のヘモグロビンとミオグロビンによって赤く染まっています。

我々の血や、お肉が赤いのと一緒ですね。

確かに、鮭やエビは加熱しても赤いですが、マグロやカツオは加熱するとお肉と同じように、赤色ではなくなりますよね。

アスタキサンチンの効果について 一般財団法人日本食品分析センターも以下のような発表をしています。

▼アスタキサンチンについて ‐JFRL ニュースhttps://www.jfrl.or.jp/storage/file/news_vol6_no5.pdf

鮭ブームが来る前に、先取りしちゃいましょう!

おすすめは鮭の中骨缶詰です!それではよい健康ライフを!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました