トマト缶にご注意を!トマト缶の危険性と安全なトマトペーストについて | NATS LAB.

トマト缶にご注意を!トマト缶の危険性と安全なトマトペーストについて

危険食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村
スポンサー

安くて便利な主婦の味方

パスタやスープなどで大活躍な「トマト缶

1缶100円程度でお手軽に手に入ります。

生トマトに手が届かなくても、トマト缶があるとお料理の幅も広がりますよね。

長期保存も可能なので、お家に常備しているという人もいるのではないでしょうか?

しかしこのトマト缶、常用するのはややリスクがあるかもしれません。

スポンサー

缶から溶け出す有害物質

缶詰に使われる缶の内側には、金属が溶け出すのを防ぐためにコーティング加工がされています。

そのコーティング剤として、ビスフェノールA(BPA)というプラスチックの原料が使用されているのですが、この物質が微量缶の中に溶け出すことが分かっています。

ビスフェノールA(BPA)は、微量でも胎児の健康を害する可能性があるという研究結果が出ています。

また、フランスやアメリカでは、使用・輸出入の規制がされてる物質です。(国税庁より

スポンサー

厚生労働省の意見

厚生労働省食品安全部基準審査課によると、

ビスフェノールA(BPA)を毎日摂取しても健康に有害な影響はないとされている「耐容一日摂取量」は体重1kgあたり0.05mgですので、

体重が 50kg の方は一日 0.25mg までは毎日摂取しても大丈夫ということになります。

厚生労働省は、この物質について調査中のようですが、妊娠中の摂取については以下のように注意するよう記載しています。

妊娠されている方がこのような缶詰食品を多く摂取することにより、胎児がビスフェノールAに曝露する可能性があります。

厚生労働省‐ビスフェノールAについてのQ&A

しかし、人に毒性が現れない量を基準に、含有濃度や溶出濃度が制限をするだけで、使用禁止には至っていないようです。

(中略)ヒトに対する耐容一日摂取量※が1993年(平成5年)に、0.05mg/kg体重/日と設定されました。それに基づいて、我が国の食品衛生法の規格基準においては、ポリカーボネート製器具及び容器・包装からのビスフェノールAの溶出試験規格を2.5μg/ml(2.5ppm)以下と制限しています

厚生労働省‐ビスフェノールAについてのQ&A

アメリカでも、動物での生殖毒性はあるが、十分に低含有なので身体上の危険性は少ないと判断しているみたいですね。

有害な物質ではあるけど、害のない濃度ならとりあえず大丈夫といういつものパターン。(笑)

消費者としては、次亜塩素酸ナトリウム等と同様、避けれるなら避けたほうが良いと思います。

スポンサー

瓶が安心

お料理には、トマト缶の代わりに安全な瓶タイプのもの活用しましょう!

こちらも長期間常温保存が可能ですので、お家のストックに最適です。ただし、開封後は腐りやすいので、すぐに使い切ってください!

紙パックに入ったタイプのカットトマトも見かけますが、こちらも内側がアルミやプラスチックなどで加工されているので注意です。

ヨシナナ家では、いつも瓶タイプのトマトを使用しています。

トマトはポリフェノールがたっぷりの野菜ですので、安心な瓶タイプのものを積極的に活用できるといいですね!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました