【BIGO LIVE】ライブ配信の収入と事務所に所属するメリットデメリットについて要約解説|NATS. | NATS LAB.

【BIGO LIVE】ライブ配信の収入と事務所に所属するメリットデメリットについて要約解説|NATS.

お金と社会の教養
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

BIGO LIVE の収入形態と事務所に所属するメリットデメリットについて調べてみた

こんにちは、吉沢です。本日は BIGO LIVE の収入形態と事務所に所属するメリットデメリットについてご紹介していきます。

実はヨシナナ、BIGOライブ配信に挑戦してみようと思っています。しかし、BIGO LIVE の「ビ」の字も知らず、収益構造や自分が取るリスクについて何の知識もありませんでした。

吉沢
吉沢

まずは全体像を把握せねば!

そこで、収益とリスクや、事務所に所属する場合のメリット・デメリットなどを配信者側の視点でまとめましたので、配信に興味がある方にご参考頂ければと思います。

ではいきましょう!

スポンサー

BIGO LIVE の基本構造

まず、ライブ配信界隈の全体像を確認しましょう。配信界隈には5種類の登場人物がいます↓

BIGO LIVE の登場人物4選

・BIGO LIVE の運営者
⇨ライブ配信アプリを提供する企業のことです。
この場合『BIGO Service Japan株式会社』です。

・ライバー事務所
⇨配信者の管理やサポートをする組織のことです。
芸能界で言う吉本興業のような存在です。

・公式配信者
⇨事務所に所属するライブ配信者が該当します。

・一般配信者
⇨事務所に所属しない配信者が該当します。

・リスナー
⇨ライブ配信の視聴を楽しむ顧客です。

今回、我々の立場は “配信者”

すなわち、『運営者のプラットフォーム上で、ライバー事務所がマネジメントしながら配信者が配信する』というのがライブ配信界隈の全体像です。※事務所に所属しないライバーもいます。

図にすると以下のような感じになります↓

※もっと詳しく知りたい方は、17LIVEのビジネスモデルを参照してみて下さい。

吉沢
吉沢

構造は単純だね

これらの内「運営者」「事務所」「配信者」がどのような金銭関係にあるかが問題となります。それぞれの収益構造について見ていきましょう!

スポンサー

運営者の収益構造

赤字で示した「投げ銭から一部回収する」というのが運営者の収益の柱となります。ライブ配信の媒体にもよりますが、運営者が5割〜8割程を回収し、配信者は2〜5割程度受け取れるようです。

吉沢
吉沢

投げ銭の額が増えれば増えるほど、運営者の売上も上がるということです。

上記の構造は直感的に理解しやすいですよね。運営者の視点では、「ライバーの数を増やすこと」や「配信の質を上げること」により、投げ銭が増えて収益が増加します。

続いて、ライバー事務所の収益構造について見ていきましょう。

スポンサー

ライバー事務所の収益構造

緑で示したように「公式配信者の配信時間に応じて、運営者からもらえるボーナス」と「公式配信者への投げ銭から一部回収する」というのが事務所の収益構造です。

この辺りの条件は、事務所との契約内容によって違ってきます。様々な事務所と話をし、契約については必ず自分で目を通すことが重要です。

吉沢
吉沢

投げ銭の何%は事務所がもらう、等の取り決めがあるはずです。

事務所の視点では、「配信者がより多くの時間配信すること」によりボーナスを増やすか、「ライバーの数を増やす」「配信の質を上げる」ことにより、投げ銭を増やせば収益が増加します。

吉沢
吉沢

運営者側と利害関係が一致しているのがポイントだね

続いて、配信者の収益構造を見ていきましょう。

スポンサー

配信者の収益構造

配信者には、事務所に所属した公式配信者と、所属していない一般の配信者がおり、収益の構造に違いがあります。

公式ライバー
一般ライバー
  • 時間給が出る場合がある
  • ボーナスが出る場合がある
  • 投げ銭は一部が取り分になる
  • 時給やボーナスはない
  • 投げ銭の100%が取り分

すなわち、一般ライバーは配信による投げ銭の収益に100%依存しています。

一方、公式配信者は所属するライバー事務所によって収益構造が変化します。ライバー事務所には、大きく2種類のタイプがあります↓

成果報酬を支払うタイプ
時給で雇用するタイプ
  • 配信時間に応じて支給
  • 投げ銭の額に応じて支給
  • 1時間あたり〇〇円という形で支給

↓の図で示したように、事務所は配信者の配信時間に応じて運営者からボーナスをもらっています。

すなわち、運営者から時間あたりにもらう金額以下なら、配信者に支給しても赤字にならないのです。そのため、上記のような料金形態が可能になるわけです。

配信者の視点では、「多くの時間配信すること」により支給額を増やすことや、「配信の質を上げる」ことで投げ銭を増やせば収益が増加します。

吉沢
吉沢

配信者と事務所の利害関係が一致しているのがポイントだね

「運営者ー事務所ー配信者」の利害一致により、上記のような組織構造が形成されているのです。

配信者が事務所に所属するメリット・デメリット

ライバー事務所に所属すると、以下のようなメリット・デメリットがあります↓

メリット
デメリット
  • 上位表示されやすくなる
  • 契約内容次第では、非所属よりも収益が高くなる
  • 時間給の場合、収益が安定する
  • 配信のアドバイスをもらえる
  • 配信時間にノルマがある
  • 投げ銭の一部が回収される
  • その他、契約によっては行動が制限される

上位表示や配信へのアドバイスがもらえることで人気が出やすくなる反面、契約によっては収益が低くなったりノルマがついたりするということです。

結局のところ、事務所との契約内容次第で良いか悪いかが変化しますので、様々な事務所と話をし、非所属で配信する場合と比較して考えるのがオススメです。

吉沢
吉沢

ライバーの成功を心から応援してる事務所を探そうね

まとめ|感想

いかがでしたでしょうか?本記事をお読みになったみなさんは、ライブ配信界隈の収益構造がよく理解出来たのではないかな〜と思います。

上記の内容から、ヨシナナは「優良な契約内容の事務所に所属するのが良い」という結論に達しました。また、ライブ配信でお会いできることを楽しみにしています!

七瀬
七瀬

ヨシナナ公式ライブをお楽しみに!

ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました