老化防止にはカカオとマキベリー!アサイーよりポリフェノールが多い食品を美味しく食べよう|NATS. | NATS LAB.

老化防止にはカカオとマキベリー!アサイーよりポリフェノールが多い食品を美味しく食べよう|NATS.

優良食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

ポリフェノールたっぷり!アンチエイジング食品の二大巨頭はカカオとマキベリー

こんにちは、吉沢です。本日はアンチエイジングに超オススメの「カカオ」と「マキベリー」をご紹介していきたいと思います!

突然ですが皆様、人生100年時代と言われる昨今、いつまでも若々しく健康に過ごしていたいですよね。それは皆様の日々の生活習慣に大きく左右されることをご存知ですか?

吉沢
吉沢

晩年に寝たきり10年とか嫌だよね〜

吉沢は食事系の本を200冊以上読み込み、2年半ほどの間「老けない」「脳機能を良好に保つ」ための食事を徹底しています。その結果血管年齢が7歳になるなど、驚きの現象を起こしています。

血管年齢測定|enherb にて

健康生活の中でもカカオとマキベリーはとても重要な食材で、皆様にもアンチエイジング効果を堪能してもらえたらいいな〜と思って記事にしました。

吉沢
吉沢

皆様の血管をツルピカにしようぜ

少しずつ生活習慣を見直すついでに、上記の食材を食卓に取り入れていってもらえたら嬉しいです。

では行きましょう!!

スポンサー

老化の主な原因は3種類

アンチエイジング効果に優れるカカオ・マキベリーの説明に入る前に、老化の主な原因をざっくりと説明します。

【老化の主な原因3選

1.酸化ストレス
→細胞がサビること

2.糖化ストレス
→細胞がコゲること

3.体内の炎症
→細胞に火事が起こること

七瀬
七瀬

老化って原因とかあったんだw

様々な要因が絡み合って、上記のような体の「サビ」「コゲ」「火事」が引き起こされ、それによって老化が進行するという原理になっています。

吉沢
吉沢

酸化・糖化・炎症を防げれば老化はとっても遅くなるよ

40歳くらいになると「驚くほど老け込んでいる人」と「とても若々しいままの人」がいますよね?

それは老化速度の違いが一因にだったんですね。

七瀬
七瀬

そうだったんだ〜!

本記事ではこれ以上詳しく解説はしませんが、もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトにとても分かりやすくまとめられていたので、ご覧になってみてください。

ここでは「酸化」「糖化」「炎症」を防ぎたいということだけ抑えておきましょう。

スポンサー

カカオとマキベリーの抗酸化力|他の食品とポリフェノール量を比較

さて、カカオとマキベリーを勧める理由は抗酸化力が飛び抜けて高い食品だからです。老化の一因である「酸化」を抑制する力が極めて強い食品というわけです。

食品に含まれる抗酸化成分には「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」などもありますが、重要な位置を占めるのがポリフェノールなんですよね。

吉沢
吉沢

抗酸化にはポリフェノール!

ここで、カカオとマキベリーのポリフェノール量を他の製品と比較してみましょう。

【食品100gあたりのポリフェノール量】
・カカオニブ:6510 mg
・マキベリー:6500 mg
・ブルーベリー:300 mg
・リンゴ:100〜200 mg

ポリフェノールが多いと言われるブルーベリーやリンゴを凌駕する量のポリフェノールが含まれていることが分かります。

吉沢
吉沢

乾物と生物だから直接比較はできないけどね・・・

以上、老化の一因である酸化を防ぐために有効なポリフェノールの量が、あらゆる食品のなかで突出しており、アンチエイジング効果に優れるということです。

続いて、オススメの商品と食べ方をご紹介していきます。

スポンサー

オススメの商品と食べ方

まず、オススメの商品をご紹介します。我々はコスパ・品質を加味して、こちらの商品を愛用しています↓

いずれも「ソウマファクトリー」さんの商品です。有機JAS認定を受けている上にコスパも良いのでいつも愛用しております。

吉沢
吉沢

味もおいしいよ〜

さて、オススメの食べ方は・・・

「ヨーグルトに入れて食べる」です。

七瀬
七瀬

めっちゃありきたりじゃん(笑)

我々も食べ方の工夫を凝らしてみたのですが、簡単に美味しく食べる方法でこれに敵う方法はまだ見つかっていません。

ちなみに、以下のような分量でお召し上がりいただくとより効果を享受できます↓

【カカオニブ・マキベリー・ヨーグルトのレシピ】
・ヨーグルト100g
・カカオニブ:3g
・マキベリー:3g
(→ポリフェノール200mg相当)

ポリフェノールは体内での滞在時間が短く、作用も長時間持続しないのでこまめに適量摂取するのが大切です。一回の摂取量はポリフェノール換算で200mg〜程度が良いと言われています。

カカオニブやマキベリーは3g入れるとポリフェノール換算で200mg程度になりますので、上記のようなレシピでこまめに取るのがオススメです◎

吉沢
吉沢

味もちょうど美味しくなります!

ちなみにヨーグルトは小岩井の「生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト」を愛用しています。

スポンサー

まとめ

以上、老化の原因3選をご紹介しました。老化の原因は「酸化」「糖化」「炎症」であり、酸化を防止するためにマキベリーとカカオがおすすめということでした。

若々しくいたい方、ぜひ生活にカカオとマキベリーを取り入れてみて下さい。

吉沢
吉沢

美味しいからおやつとしてもオススメ

人生100年時代、皆様の健康な生活を応援していきます。

ではまた!!

参考サイト:
1.https://himitsu.wakasa.jp/contents/maqui-berry/
2.https://himitsu.wakasa.jp/contents/anthocyanin/
3.https://himitsu.wakasa.jp/contents/cacao/

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました