高品質オリーブオイルの選び方!等級と品質を知って本物を見極めよう|NATS. | NATS LAB.

高品質オリーブオイルの選び方!等級と品質を知って本物を見極めよう|NATS.

優良食品
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

オリーブオイルの健康効果を得たければ高品質の本物のオイルを選ぶ必要がある

こんにちは、吉沢です。本日はオリーブオイルの品質に関してお話したいと思います。

昨今オリーブオイルは、認知症予防・悪玉コレステロールと中性脂肪の低下・アンチエイジングなど、多彩な効果で脚光を浴びていますよね。

でも・・・
本物のオリーブオイル、選べてますか?

市販のオリーブオイルの中には、オリーブオイルの健康効果を享受できないどころか、体に害があるものが紛れています。

吉沢
吉沢

どのジャンルのどの商品でも、マガイモノがあるよね・・・。

本日は、そんな商品の中から本物を選ぶための知識をご紹介していきます!

ではいきましょう!!

スポンサー

オリーブオイルを選ぶ時は品質と等級に注目

オリーブオイルを選ぶ時に着目すべき点は、ズバリ「品質」と「等級」です。オリーブオイルは、そのオイルの品質や、精製方法などによって厳密に分類分けされています。

七瀬
七瀬

エクストラバージンとか、名前は知ってるけど意味は分かってないわ(笑)

吉沢
吉沢

おいおい・・・!(笑)

分類の意味や基準を知ることで、賢くオリーブオイルを選べるようになるわけです。

さっそく、オリーブオイルの品質について勉強していきましょう!!

スポンサー

オリーブオイルの品質チェック

オリーブオイルの品質は果実の状態や搾り方によって大きく変わります。そこで、オイルのメーカーは出来上がったオイルの品質を分析します。

品質チェックには、人が行う官能検査と、機械を用いた化学成分分析があります↓

官能検査
化学的成分分析
  • オイル鑑定士が評価
  • 辛味、苦味などを確認
  • 特にフルーティーさを重視

⇨そのまま食用にできると判定された場合は「バージンオイル」に分類

  • 酸度と酸化物の量
  • ポリフェノール量
  • 紫外線吸収量などを測定

⇨「酸度」が重要で0.8%以下なら「エキストラ」, 0.8〜2%なら「バージン」に分類

こちらのサイトにモライオーロ種の成分分析が載っているので、興味があればご参考下さい。

官能検査で、食用にできるが好ましくない場合は「オーディナリー」食用に出来ないと判定されると「ランパンテ」に分類されます。また、化学的成分分析で酸度2%の以上の場合も「ランパンテ」に分類されます。

七瀬
七瀬

ややこしくなってきたゾ

上記の内容を一旦整理するとこうなります↓

オイルの分類まとめ

・酸度0.8%以下 & 官能検査OK
⇨「エキストラ」「バージン」オイル

・酸度0.8〜2% & 官能検査OK
⇨「バージン」「バージン」オイル

・酸度2%以下 & 官能検査が微妙
⇨「オーディナリー」「バージン」オイル

・酸度2%以上 または 官能検査NG
⇨「ランパンテ」「バージン」オイル

「エキストラバージン」は最高ランクだったんだね!

品質の高い順に「エキストラバージン>バージンバージン>オーディナリーバージン>ランパンテバージン」となります。エキストラバージン、バージンはそのまま食用に、オーディナリーやランパンテは精製や加工に回されます。

吉沢
吉沢

一旦、エキストラバージンオイルとバージンバージンオイルが「本物」であることが分かったね

オーディナリーやランパンテを精製・加工したものや、圧搾以外の方法でオイルを抽出したものが冒頭のべた「マガイモノ」になります。

この辺はオイルの等級を見れば分かりますので、等級の勉強をしていきましょう!

スポンサー

オリーブオイルの等級とは

オリーブオイルの等級は以下のように分類されています↓

オリーブオイルの等級

・バージンオイル
⇨オリーブを物理的に絞っただけのオイル

・精製オイル
⇨ (ランパンテなどの) バージンオイルを精製したオイル

・ポマースオイル
⇨搾りカスのオリーブから、有機溶剤で抽出したオイル

酸度や風味に欠点のあるオイルは精製されて、無色透明&無臭のオイルになります。精製後の酸度は0.3%以下が基準であり、医薬用や工業用に使われます。また、精製オイルに少量のバージンオイルを加え、「ピュアオリーブオイル」として販売することもあります。

吉沢
吉沢

精製オイルはオリーブの栄養素がなくなってるから、健康効果が殆ど期待できないよ

搾りカスのオリーブは、有機溶剤で抽出されポマースオイルになります。抽出の過程で熱を加えることが多く、オイルの品質劣化が顕著です。

吉沢
吉沢

ポマースオイルは避けようね

スポンサー

まとめとオススメ商品

オリーブオイルの等級と品質をまとめると、以下のようになります↓

【絞っただけのオイル】
・エキストラバージンオイル
・バージンバージンオイル
・オーディナリーバージンオイル
・ランパンテバージンオイル

【精製を施したオイル】
・精製オリーブオイル
・ピュアオリーブオイル

【有機溶剤で抽出したオイル】
・オリーブポマースオイル

この中で、オリーブの健康効果を享受できるのはエキストラバージン、バージンバージンだけです。

七瀬
七瀬

エキストラバージンを選ぼう!!

他のオイルより少しお値段がかかりますが、相応の健康効果を享受できるので、是非上記のオイルを選んでみて下さい!

吉沢
吉沢

健康は最大の自己投資!

最後に、オススメの商品を紹介して締めたいと思います!

1.GOYA エクストラヴァージンオリーブオイル

スペイン産の苦味と辛味が強い早摘みオリーブオイル。酸度は0.4%以下です。

吉沢
吉沢

カルディで買えるよ!味も美味しいので食べるのもオススメ。

2.トッレビアンカ(TORRE BIANCA)

イタリア産の非常に辛いモライオーロ種を100%使用したオイル。高価ですが、アンチエイジング効果がピカイチの逸品です。

以上、みなさまの健康ライフを応援しています。ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました