【無印良品】エイジングケア化粧水の成分を化学者が徹底解説|NATS. | NATS LAB.

【無印良品】エイジングケア化粧水の成分を化学者が徹底解説|NATS.

美容
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

無印良品のエイジングケア化粧水の全成分を徹底分析

こんにちは、吉沢です。本日も無印良品の化粧水の成分分析を行っていきます。

前回成分分析を行った「クリアケア」は予想以上にヤバイ成分でしたが、エイジングケア用はどうでしょうか?その真実に迫ります!

なお、他のラインも含めた無印化粧水全体の評価はコチラの記事をご参考下さい↓

では行きましょう!

スポンサー

エイジングケア用の成分一覧と分類分け

エイジングケア化粧水には「ノーマルタイプ」「高保湿タイプ」の2タイプがありますが、いずれも成分分析を行っていきたいと思います。

成分一覧はコチラ↓

【ノーマルタイプ】
水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-10、PEG-32、グリコシルトレハロース、ポリクオタニウム-51(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ツバキ種子エキスアルニカ花エキスクズ根エキスマグワ根皮エキスシャクヤク根エキスセンチフォリアバラ花エキスユズ果実エキスハトムギ種子エキスヨモギ葉エキスレモン果汁エキスニオイテンジクアオイ花油、ポリグリセリン-10、加水分解水添デンプン、PCANa、BG、エチルヘキシルグリセリンポリソルベート80PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸Naクエン酸フェノキシエタノール

【高保湿タイプ】
水、グリセリン、DPG、ペンチレングリコール、ジグリセリン、PEG-75、メチルグルセス-10、ポリクオタニウム-51(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ツバキ種子エキスアルニカ花エキスクズ根エキスマグワ根皮エキスシャクヤク根エキスセンチフォリアバラ花エキスユズ果実エキスハトムギ種子エキスヨモギ葉エキスレモン果汁エキスニオイテンジクアオイ花油、ポリグリセリン-10、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、BG、エチルヘキシルグリセリンポリソルベート80PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸Naクエン酸フェノキシエタノール

吉沢
吉沢

とてつもない成分量・・・

これらの成分を配合目的ごとに分けると以下のように分類できます。なお、基材・保湿剤以外は共通なのでまとめて書きます。

【化粧水の基材・保湿剤】
共通:水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ポリグリセリン-10、加水分解水添デンプン、BG、キサンタンガム

ノーマル:PEG-32、PCANa

高保湿:PEG-75

【美容成分】
(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ツバキ種子エキス、アルニカ花エキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、シャクヤク根エキス、センチフォリアバラ花エキス、ユズ果実エキス、ハトムギ種子エキス、ヨモギ葉エキス、レモン果汁エキス、ニオイテンジクアオイ花油、クエン酸Na(クエン酸)

【界面活性剤類】
ポリクオタニウム-51、ポリソルベート80、PEG-60水添ヒマシ油

【防腐剤】
エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

吉沢
吉沢

ノーマルと高保湿の違いは基本的に「PEGー」の番号違いだね。

これらの成分について、順に確認していきましょう!

スポンサー

基材・保湿剤

共通:水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ポリグリセリン-10、加水分解水添デンプン、BG、キサンタンガム

ノーマルPEG-32、PCANa

高保湿PEG-75

種類が多いので、太字にした取り立てて説明すべき成分を解説していきます。

「DPG」は安価なのでよく使用されますが、保湿剤の中では皮膚刺激が高いと報告されています。この成分が多く配合されているのはかなりのマイナスポイントです。

吉沢
吉沢

DPGの刺激性についてはかずのすけさんのブログでも記載されているよ。

メチルグルセス-10」「PEG-32」「PEG-75」は、いずれも似たような高分子系の保湿剤ですが角質バリア機能を目に見えないレベルで傷害しているという論文が報告されています。

吉沢
吉沢

長期的に使うのはちょっと嫌だよね

加水分解ヒアルロン酸」「水溶性コラーゲン」「加水分解コラーゲン」は、保湿や感触を良くするために配合されています。よく『コラーゲンでお肌ぷるぷる』という広告を目にしますが・・・

コラーゲンを塗ってもお肌のコラーゲンが増えることはありません。

吉沢
吉沢

イメージとは違って単なる保湿剤です。そういう認識を持ちましょう。

以上をまとめると、「刺激強め」のDPGをはじめ、様々な保湿成分が配合されています。

続いて、美容成分を見ていきましょう!

スポンサー

美容成分

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ツバキ種子エキス、アルニカ花エキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、シャクヤク根エキス、センチフォリアバラ花エキス、ユズ果実エキス、ハトムギ種子エキス、ヨモギ葉エキス、レモン果汁エキス、ニオイテンジクアオイ花油、クエン酸Na(クエン酸)

それぞれ順に見ていきましょう!

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー
有名な化学メーカー『日油』が作成している、セラミドの類似成分です。本物のセラミドが高価なので、代わりに配合されています。

https://schuelke.jp/lotionmoist_procare.htmlより引用

本物のセラミド程ではありませんが、保湿作用と抗しわ作用のために配合されています。

吉沢
吉沢

「エイジングケア」を謳う理由がこの成分だね

ツバキ種子エキス
水分蒸発を抑制する作用があります。

アルニカ花エキス
抗炎症・抗酸化作用があります。

クズ根エキス
葛根湯で知られるカッコンのエキス。色素沈着抑制・保湿に加え、セラミドやコラーゲン合成を促進する抗老化作用があります。

マグワ根皮エキス
コラーゲン分解酵素の阻害による抗老化作用と、色素沈着抑制作用の為に配合されています。

シャクヤク根エキス
色素沈着抑制作用に加え、光老化の抑制作用があります。

センチフォリアバラ花エキス
保湿作用があります。

ユズ果実エキス
ユズに含まれるセラミド類似化合物を中心としたエキスです。セラミドのような皮膚バリアの作用があります。

ハトムギ種子エキス
よくあるハトムギのエキスです。保湿作用・抗炎症作用があります。

ヨモギ葉エキス
ヨモギの葉のエキスです。抗炎症作用があります。

レモン果汁エキス
毛穴の収れん作用があります。

ニオイテンジクアオイ花油
アロマテラピーでおなじみゼラニウムの精油です。ターンオーバーの促進や皮脂分泌を調整する作用があります。フランキンセンスと並び、アンチエイジングの化粧品にはよく配合される精油です。

吉沢
吉沢

植物成分は抗老化作用を中心にいいものが使用されています。

クエン酸Na(クエン酸)
クエン酸とクエン酸Naは、化粧水のpHを調整する為に使用されています。pHを弱酸性にコントロールすることで収斂作用がありますので、間接的に毛穴の収斂作用が見込まれます。

まとめると、この製品の美容成分は「抗老化」を軸に、価格とのバランスをとりながら多種配合されています。「エイジングケア」化粧水は、他の化粧水ラインよりも高値ですが、この辺の成分の価格が反映されていることが読み取れます。

スポンサー

界面活性剤

ポリクオタニウム-51、ポリソルベート80、PEG-60水添ヒマシ油

クリアケアと同じ界面活性剤が配合されています。順に見ていきましょう!

ポリクオタニウム−51
保湿作用や帯電防止作用、皮膚バリア作用のある界面活性剤です。皮膚刺激は少なめの成分です。

ポリソルベート80
水に溶けない成分を溶かす(≒乳化作用)為に配合
されています。皮膚刺激は少なめの成分です。

PEG-60水添ヒマシ油
こちらも水に溶けない成分を溶かす(≒乳化作用)為に配合されています。皮膚刺激は少なめの成分です。

吉沢
吉沢

ゼラニウムの精油とかは水に溶けないもんね

刺激の低い界面活性剤が使用されており、一見すると良いように見えます。しかし、界面活性剤の問題点は刺激性だけではなく、皮脂膜の性質を変え、皮膚膜が薄く・肌が弱くなってしまうという問題があります。

吉沢
吉沢

この辺は界面活性剤の「構造」に依存しています。石鹸だと短時間で界面活性剤としての能力を失うので問題になりにくかったりします。

刺激が少ないとは言え、やはり長期使用で肌への悪影響が懸念される界面活性剤は避けたいなという感想です。続いて、防腐剤について見ていきましょう。

防腐成分

エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

こちらもクリアケアと同じ構成になっています。

エチルヘキシルグリセリン
オススメ化粧水の記事で紹介したように、低濃度であれば皮膚刺激の心配が少なく、分子構造的に蓄積毒性が低いと考えられる防腐剤です。個人的にはパラベン・フェノキシエタノールよりも安心して使えると考えています。

フェノキシエタノール
正式名称「エチレングリコールモノフェニルエーテル」という、わずかに刺激のある有名な防腐剤です。クリアケアは「パラベンフリー」を宣伝文句にしていますが、パラベンより避けたいフェノキシエタノールが配合されているという事実・・・。

吉沢
吉沢

「パラベンフリー」って、こういう落とし穴多いよね

ということで、防腐剤も長期使用で肌への悪影響が懸念される構成になっています。

まとめ

エイジングケア化粧水の成分をまとめると以下のようになります↓

【各成分まとめ】
基材・保湿剤⇨刺激強めの基材が主体
美容成分⇨かなり優秀。植物エキスが特に良い。
界面活性剤⇨皮膚を弱くする可能性
防腐剤⇨皮膚刺激の可能性高い

刺激が強めのものが多く、敏感肌には向かないと思います。肌がとっても強く、美容成分の恩恵を享受できる方は使ってみても良いかもしれません。

ということで・・・

無印良品 エイジングケア化粧水

成分評価:★★☆☆  
刺激は強め。敏感肌には向かないが美容成分は結構いい(その分価格は高い)。

敏感肌の方は「フーミーモイストローション」か「ココンソワローション」に替えましょう。

ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました