【全11種類】無印良品で買える!化粧水の成分と品質を化学者が徹底比較|NATS. | NATS LAB.

【全11種類】無印良品で買える!化粧水の成分と品質を化学者が徹底比較|NATS.

美容
スポンサーリンク
ヨシナナ生活研究所 - にほんブログ村

無印良品で続々登場!プチプラ価格の「化粧水」が溢れてる!

こんにちは、吉沢です。本日は無印良品の化粧水について執筆します。

無印良品では2004年頃から化粧品の取扱をはじめていて、今では沢山の種類の化粧水をみるようになりました。

初期の無印の化粧水はヒリヒリするわしみるわで悲惨な製品でしたが、何度かリニューアルを重ねて良くなってきたという噂を耳にしました。

七瀬
七瀬

無印の化粧水は結構いいって聞くよ。

そのため、無印の化粧水を使う方が増えてきてると思います。しかし、化粧水の選び方や品質の見極め方が分からず、値段・イメージ・使用感で購入してしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで、NATS.では無印の化粧水の成分と品質を化学目線で解説していきたいと思います!なお、結論だけ言ってしまうとココンソワローションのような、取り立てて凄いと思う化粧水は一つもなく、全体的に低評価でした。

吉沢
吉沢

価格が価格だしね・・・

無印のキャリアオイルについてはこちらで解説していますので、興味のある方はこちらもご参考ください↓

では順に見ていきましょう!

スポンサー

全11種類!無印良品の化粧水がこちら!

無印良品には、大きく5つに分類できる合計11種類の化粧水があります↓

すなわち「クリアケア」「敏感肌用」「敏感肌&美白」「エイジングケア」「ハーバル」という5つのラインがあり、それぞれに対して「さっぱり」してる製品と「しっとり」してる製品があります。

同系統の商品は保湿基材の配合量・種類が異なるだけですので、各ラインごとに成分と品質を簡易的に比較していきましょう!

吉沢
吉沢

各ラインの全成分を徹底的に知りたい方は、個別解説の記事を参考にしてみてね

スポンサー

基本商品|クリアケアの成分評価

早速、基本商品であるクリアケアの評価発表します。

【クリアケア】
評価:☆☆☆☆☆
成分の構成が悪い。化学者目線では使わない。

クリアケア高保湿
評価:☆☆☆☆☆
成分の構成が悪い。化学者目線では使わない。

ものすごく低評価です。

個別記事で解説していますが「刺激強めの保湿基材」「経皮毒性の疑いがある成分」「多種類の界面活性剤」が配合されており、長期的な肌へのダメージが想像できる商品でした。

吉沢
吉沢

これだと薬局でグリセリンを買って塗るだけのほうがいいかな。

口コミでも「ヒリヒリした」「しみる」「肌が荒れた」などのレビューが散見されますが、まあそうなんだろうな〜という感じです。

詳しく知りたい方は、こちらの全成分解説記事を参考にしてみてください↓

スポンサー

敏感肌向けの成分評価

続いて、敏感肌向けの評価はこちら↓

【さっぱりタイプ】
評価:★☆☆☆☆
敏感肌用なのに刺激が低くない。抗炎症成分で抑え込んでいる。

しっとりタイプ
評価:★☆☆☆☆
敏感肌用なのに刺激が低くない。抗炎症成分で抑え込んでいる。

高保湿タイプ
評価:★☆☆☆☆
敏感肌用なのに刺激が低くない。抗炎症成分で抑え込んでいる。

こちらもかなり低評価です。

個別記事で解説していますが「刺激強めの保湿基材」「フェノキシエタノール」が配合されており、敏感肌適正が低い構成でした。ただ、無印の他の商品よりは低刺激の構成になっています。

吉沢
吉沢

これも薬局でグリセリンを買って塗るだけのほうがいいかな。

詳しく知りたい方は、こちらの全成分解説記事を参考にしてみてください↓

スポンサー

敏感肌&美白用の成分評価

続いて、敏感肌&美白用の評価はこちら↓

【美白化粧水】
評価:★☆☆☆☆
敏感肌用なのに刺激は強め。美容成分はやや良いが、それでも使わない。

美白化粧水高保湿タイプ
評価:★☆☆☆☆
敏感肌用なのに刺激は強め。美容成分はやや良いが、それでも使わない。

こちらもかなり低評価です。

個別記事で解説していますが「刺激強めの保湿基材」「界面活性剤」「フェノキシエタノール」が配合されており、敏感肌適正が低い構成でした。ただ、アスコルビルグルコシドが入っていることもあり、美容成分の構成はやや優良でした。

吉沢
吉沢

皮膚が丈夫でちょっと美白したい人は試してみてもいいかも

全成分の個別解説記事はこちら↓

エイジングケア用の成分評価

【エイジングケア】
成分評価:★★☆☆☆  
刺激は強め。敏感肌には向かないが美容成分は結構いい(その分価格は高い)。

エイジングケア高保湿
成分評価:★★☆☆☆  
刺激は強め。敏感肌には向かないが美容成分は結構いい(その分価格は高い)。

ぼちぼちの評価。

個別記事で解説していますが「刺激強めの保湿基材」「界面活性剤」「フェノキシエタノール」が配合されており、敏感肌適正は低い構成でした。ただ、美容成分の構成は優良で、他のラインより価格が高いのは頷けます。

吉沢
吉沢

肌が丈夫な人は、試してみても良いかもしれません

全成分の個別解説記事はこちら↓

自然系|ハーバル化粧水の成分評価

【ハーバル】
成分評価:★★★☆☆  
刺激はそこそこ強め。敏感肌には向かないが美容成分は結構いい(その分価格は高い)。

ハーバル高保湿
成分評価:★★★☆☆  
刺激はそこそこ強め。敏感肌には向かないが美容成分は結構いい(その分価格は高い)。

こちらはそこそこの評価。

個別記事で解説していますが「人によってはヒリヒリする基材」「界面活性剤」「フェノキシエタノール」が配合されており、敏感肌適正は低い構成でした。ただ、基材のアロエベラ液汁と美容成分の構成は優良で、他のラインより価格が高いのは頷けます。

吉沢
吉沢

肌が丈夫な人は、試してみても良いかもしれません

全成分の個別解説記事はこちら↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結局、成分のよさは値段順になっていたのかな〜と思います。合う人は使ってみてもいいと思いますが、ハーバルと同じ金額帯にとても優秀な「フーミーモイストローション高額帯には最高に成分がいい「ココンソワローションがありますので・・・

吉沢
吉沢

どっちにしても、無印の化粧水は選ばないとおもいます。

良い化粧水に巡り会えずにいる方は、化学者オススメのフーミーモイストローションをお試し下さい↓

ではまた!!

スポンサー
スポンサー

タイトルとURLをコピーしました